Spread the love

ポーカーは単なるギャンブルの一種なのか、それとも技術を要する遊戯なのか…。

ここ数年、そうした議論が盛り上がりを見せています。もちろん様々な意見があり、全員が納得する答えはありません。また、どの国でポーカーをするかによっても違ってきます。適用される法律はそれぞれの国で異なります。そうした違いも議論の盛り上げに一役買っているのでしょう。

さて、この疑問の答えを知りたい方は、ぜひ以下の内容をお読みください。

ポーカーを「運任せのゲーム」と呼んでもいい?

はるか昔から、人はカードを使うゲームに常に魅せられてきました。その一方で、カードを扱う際に一定のパターンを予測する技術も発展させてきました。

カードは無作為に出てくるように思えますが、ある程度の予測は立てられます。種類が限られているため、一定の確率に基づいてテーブルに出てくるはず。次に来るカードがうまく予測できるようになれば、「偶然」の要素を排除して確実に勝つことができるのではないでしょうか。

それでは、このようなことはポーカーでも可能なのでしょうか?間違いなく可能です。技術を要するゲームかギャンブルかという議論に対しては、「その両方」という答えが理にかなっています。数学的な予測をせずに遊ぶこともできますし、コツを学ぶことで熟練のプレイヤーになることもできるのです。

こうしたことを知らない方は、「ポーカーは運任せのゲーム」という立場を支持することになります。一方、運任せのゲームではない、という事実も否定できません。より詳しい内容は、ikkoan.jpで説明していますので、どうぞご覧ください。

まとめ

ここまでの議論では「ポーカーはギャンブルではなく、技術を要するゲームとみなすべき」という説が優勢となっています。つまり、ポーカーは深い知識に支えられたゲームであり、知識を要する遊戯なのです。知的なゲームであるがゆえ、相手に勝つ方法を初心者に教えることができます。

一方で、ポーカーの定義ということであれば、運任せのゲームとも言えるでしょう。ときにはプロでさえ予想できない結果になるという特徴があることは事実です。

しかしながら、いつも運任せなわけではないというものまた事実です。正しい判断によって勝つチャンスが広がるのです。しかるべき戦略もなく闇雲に突き進むプレイヤーではなく、正しい判断をしたプレイヤーが勝つということは覚えておいた方がいいでしょう。

Subscribe
Notify of
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
0
ご意見をお聞かせください。x
()
x